パトロンになるのが夢だった。

パトロンになるのが夢だった。
大学生の頃の名刺には
私の人生年表があって
60歳で終わることになっておりまして
30歳で会社設立
40歳でパトロンになる
…と書いておりました
お金があったらパトロンになれると
思っていたけれど
どうやらお金だけでもいけないらしい
いつも昔の夢は、いまの私を恥ずかしい気持ちにします
未来の自分に期待しすぎて大きな夢を描いてしまうんだよ
なんどもなんども
30歳の手前の時に、会社にするネタを取りに
いまの会社に転職したけど、現場をしばらく体験して

そこの事業も大してやりたくねぇなと思ったんです。

。。。

一体なにがしたいのよ、と

ふと大きな事が言えなくなった時がきたんだけど
30半ばの今はまた
性懲りもなく大きな夢がムクムク育っている
私は婆ちゃんが寝たきりになる10歳まで
溺愛されて育ってきたので
「やればできる」という効力感がとても大きい
立ち直りもまぁ早くて
反省もソコソコに元気に動き出すので

前職の大変嫌いだった人からも

中里さんに何か言いたいときは
 失敗して凹んだ一瞬がチャンスだと思っている」
と言われる始末。
でもそんな私でも
ウジウジと長々悩む分野がある.
そこから離れたいと思っていたけど
どうしても離れたくない。手放せない。
すぐに次へ次へと意識が移ってしまう私にとっては
こここそがボーナスステージなんじゃないかと思うようになった。
私だけが突き詰められる事をやるしかない
小さな綻びも気になる分野で遊びきること。
もしも仕事か遊びか分からない位の分野を
遊んで遊び尽くしてプロフェッショナルになるとしたら
貴方にとって、それは何ですか?
教えてください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)