精進料理的な生き方はしない

精進料理的な生き方はしない

ちょっと人と会話をしていて思ったことを書いてみます。

※精進料理とは…殺生や煩悩への刺激を避けることを主眼として調理された料理(ウィキペディアより)

どうしたって煩悩は刺激されて
時々ヨイショされて

誘惑に負けて過ちを犯しそうになるんだから

私は調子に乗りたい自分を感じながら
自分を操縦する練習をしたい。

煩悩に負けて失敗したり
誰かを傷つけても

結局それが私だし

それでも私を嫌いにならずに

それでも残ってくれる人だけが残ってくれたらいいな。

という持論です。

そういう考えなので、
すぐ自分なりに気持ちを切り替えてしまうし

どんどん言葉はストレートになり
丸裸になってしまって

いきなり初対面の人はビックリするんですけど

そんな同じような過ちを繰り返すのが私。

「本当馬鹿だなぁ」
「なんでそんなコト言うんだ」
「こいつ殴ってやりたい」

とか、きっと思われながらも

今の仲間はそんな風に思いつつ
残ってくれた人たちだと思うんです。

迷惑かけて

怒られて

許されて

ちょっと成長して

また迷惑かけて

怒られて

許されて

はい、わたしの性格の問題かも知れないけれど

失望されるのが怖くて挑戦が出来るか

振られるのが怖くて人を愛せるのか

と。

宇多田ヒカルのForyouの歌詞にですね

『傷つけさせてよ治してみせるよ』

というフレーズがあるんですけど、それが好きです。

全然、信頼もしてない期待もしてない相手だったら

かすり傷すらつかないですからね

関わらず踏み込まず、
人生が「しーーーん」としたって

それは安定や心穏やかなのではない

自分を閉じ込めちゃって、孤独じゃない?

何も起こらないくらいなら

色々と飛び込んで傷ついて

肌身に感じて経験したいと思うの。

とはいえ、私も「合う人とだけ合えばいい!」って
事務局してるとそうも言えなくなってきてるので
精進します!!

私は調子に乗っちゃうあなたも
軽はずみに人傷つけてしまうあなたも

一生懸命いきてるあなたが好きだから
安心して調子こいて叩かれて凹んでほしい

#女子マネ
#今日も満身創痍です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)